草地に咲く・・日々草(ニチニチソウ) - すたこらの雁書

名前は盛りの時期には、毎日絶え間なく新しい花を咲かせることから。

葉は濃い緑色の楕円形で、表面には光沢があり奇麗で見栄えがします。

キョウチクトウ科、原産地はマダガスカル・インド、草丈は20〜60センチ、

開花期は6〜10月、花は根元が筒状で、先が大きく5つに裂けて花弁状になっています。

花色は白・紅・赤・ピンクが標準で、オレンジ・黒紫・マーブル模様などもあります。